ママは双極性感情障害

双極性感情障害と付き合いながら生きるお母さんのブログ。

死にたいと思っているあなたへ。

f:id:shufumari:20161202142228j:plain

こんにちは。mariです。
今日は死にたいと思っているあなたへ伝えたいことがあります。

私は1年ほど前、自殺しようとしました。 

この現状から逃げ出したかった。
何もかもを放棄したくなった。
誰にも私に関わって欲しくなかった。

だから死を選びました。
でも結局死ねなかった。
死ねずに、今、入院生活を経て、生きています。

でも思うのです。

「あの時、もし死んでいたら?」

と。それは今も死にたいという気持ちからではなく、死というものを初めて恐ろしく感じた瞬間でした。だってもし死んでいたら、息子と今こんなにも仲良く一緒に遊ぶことだってできない。成長を見届けることもできない。夫に感謝することもできない。

死んでいたら何もできないのです。

私のおばは自殺しています。高校生・小学生・2歳の子どもを残して死にました。だから自殺は私にとってそう遠くない話でした。身近にある出来事。だから私も自殺することに対して恐怖はありませんでした。

でもね。

生きたくても今日を生きれない人がいる。
残したくなくても子どもを残して旅立たなくてはならない人がいる。

だからあと少し生きてみよう。でもそう考えることができたら苦労しないですよね。

私は双極性障害が落ち着いて、今は死にたいと思い気持ちがなくなりました。

もっとこの子の成長がみたい。
もっとこの子と遊んでみたい。
もっと好きなことをして生きたい。

そう思えるようになりました。

死はいつか必ず訪れます。でも人生を自分の意思で閉じた時、残された人の苦しみ、悲しみ、怒り・・・それは想像を絶するものです。

お母さんはあなた一人しかいません。
誰にも変わることのできない、かけがえのない存在です。

だから死にたくなったら入院しましょう。そしてしっかり休みましょう。

死んだら何もできません。
悔やんでも元に戻ることはできません。

あなたはきっと「死にたい」んじゃない「死にたいほど辛い現状から抜け出したい」だけ。だから死ぬことで解決できる訳じゃない。死んだら何も解決しない。

そう思って、騙されたと思って、生き続けてください。

自分自身のために。子どもたちのために。