ママは双極性感情障害

双極性感情障害と付き合いながら生きるお母さんのブログ。

双極性障害の私が起業しようと思ったお話。

f:id:shufumari:20170627091222j:plain

 

こんにちは、mariです。 

今日は私が起業しようと思った理由・経緯について少しお話ししたいと思います。実は私、今回のチャレンジが3回目になります(笑)

最初はインターネット上だけの活動

f:id:shufumari:20170627081753p:plain

最初に起業しようと思ったのは息子が生後3ヶ月の時。「shufunet(シュフネット)」という主婦に役立つ情報をまとめるサイトを立ち上げました。この時はブログの延長のような感じで、毎日息子を背中におんぶしながら記事を書いていました。

インターネット上だけの活動なら、子どもがまだ小さくてもできる。

そう思って始めましたが、なかなか収益につながらず挫折。この時は個人事業主としての届出も出していなかったので、今思うと本当にお遊びのような感じでした。

個人事業主としての活動は半年で終了

f:id:shufumari:20170627082116p:plain

次に個人事業主として届出を出して活動し始めました(息子が1歳くらいだったと思います)。それが「WillFree(ウィルフリー)」。なんとも発音しにくい屋号をつけてしまったなぁと後悔しました。この個人事業主も半年で終了。表向きの理由は就職することになったからでしたが、この時うつ状態がひどく、とても経理関係の書類まで手につかなかったので廃業届を提出しました。

この時はお茶会を開いたり、イベントを開いたりしていましたが、収入は微々たるもの。とても生計を立てていけるレベルではありませんでした。もっとも始めて1年未満で結果が出るほど甘い世界ではないのですが・・・。

今思うと、躁状態からくる起業だった

今思うと、上記2つは躁状態に始めた活動でした。「私にはなんでもできる!」「アイディアも次々生まれてくる!」冷静な今なら「あぁ失敗するな」「躁状態だな」とすぐ判断できるのですが、躁状態なので聞く耳持たず。

経験上、周りの声に耳を傾けられなくなった時は何もしないほうがいい時だと思います。何かしてもいい結果は生まれてこないです。正直。

失敗したのになぜ起業?

では何度も失敗をしている私ですが、一体なぜ起業しようと思ったのでしょうか?それは「自分のペースで働くこと」を最優先したいからです。

私は今まで4社で働いてきました。そのどれもが1年続かなかったのです。退職理由は様々ですが、背景には「体調不良(以前は病名が分かっていなかったが、今考えると双極性障害が原因)」がありました。

  • 自分に厳しく相手に厳しいため、上司にでも間違ったことは指摘してしまう
  • あれもこれもと仕事を見つけ、手をつけてしまう
  • うつ状態になり仕事に行けなくなる

このような状態になり、退職する流れになってしまっていました。そこで、今回入院中に考えたことは今後「自分のペースで働くこと」を最優先にするということでした。

もちろん起業するということは全責任を自分で追わなくてはなりません。活動できなければ収入はゼロ。これはリスクとも言えます。ですが、私の場合、幸い夫の収入でなんとか生活でき、かつ障害年金をもらうことができたので今は焦らず起業に向けて準備を始めることができています。

現在は任意団体という形で起業に向けて準備中

f:id:shufumari:20170627084345p:plain

そんな私ですが、前回失敗した個人事業主という形式をやめ、現在、任意団体という形で起業に向けて準備中です。

任意団体とは規約を作ってメンバーを集め「私たち、今日から○○です!」と名乗れば任意団体の設立になります。町内会やPTAなどが任意団体にあたります。

そのため、任意団体を立ち上げること自体が起業したということにはなりません。実際、私が今回立ち上げた任意団体「トイロ」は子育てサークルです。

この「トイロ」という団体はお母さんたちがワクワクするイベントを企画したり、やりたいこと・得意なことをカタチにする団体です。

101ro.com

ではこの任意団体を設立することが起業とどのように繋がるのでしょうか?私の場合、任意団体を設立したのには3つの理由があります。

  • 助成金を申請できる
  • 需要があるか試すことができる
  • 体力的に活動が可能なのか判断できる

まず「助成金」についてですが、子育て活動に関する助成金は多く存在します。しかし、個人事業主では対象外のものが多いため、今回任意団体を設立しました。活動が軌道にのるまでは助成金を申請しつつ活動していけないかと考えたのです。

そして2・3点目の「需要があるか」「体力的に活動が可能なのか」についてですが、これは起業してから試すとリスクがあるな、と思っていました。理由として、会社を立ち上げるとなると法人税が発生します。稼げる・稼げないに関わらず出ていくものが多いです。また会社を立ち上げると稼げない時の精神的ストレスが尋常ではないので、そこも任意団体で試したい1つでした。

2017年4月から「トイロ」という団体を設立したので、現在、約3ヶ月が過ぎました。今のところ、なんとか黒字で推移しているのでこのまま小さく回していけたらいいなと思っています。

働き方は何を重視するか。全部思い通りにはいかない!

私は働き方を選ぶ際「自分のペースで働くこと」を重視しました。大きくは稼げないかもしれない。でも自分のペースで働くことが結果的に安定した収入・安定した生活(精神状態)につながると思ったからです。

自分の条件を全て満たす会社はなかなかありません。ましてフルタイムで働くとなると気分の波がある双極性障害を持った私たちにとって乗り越えなければならない壁がたくさんあります。

少しずつ体調が回復し「働くこと」を考えた時、何が自分の中で譲れなくて、何なら頑張れるのか考えてみるといいと思います。

  • 多少収入が少なくても自分のペースで働けたほうがいいのか
  • 収入はないと困るから多少無理してでも働けるのか
  • 旦那さんの扶養に入っていたいのか
  • 通勤に時間がかからないほうがいいのか

など挙げだしたらきりがありませんが、一度全部の条件を書き出して、順位づけをしていくといいですよ。そしたら自分の中で何が譲れない条件なのか見えてくると思います。

まだまだ私もスタートラインにすら立っていませんが、少しずつ準備していきたいです。そして2年後、障害年金の更新をしなくてもいいように自分の力で生きていけるようになりたいと思っています。