読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママは双極性感情障害

双極性障害と付き合いながら起業するお母さんのブログ。

出産後、役に立ったグッズBEST5

こんにちは。mariです。

私が出産した時、「最低限のものだけ揃えてあとは必要に応じて買い足せばいいや〜」と思い、そんなに赤ちゃんグッズを買いませんでした。ですが、今考えてみるとこれがあればもっと子育てが楽だったかもなぁ・・・と思うことがありました。

そこで本日は子育て中、「役に立った!」「もっと早くに知っておけばよかった!」というグッズを紹介したいと思います。これからお父さんお母さんになる方、新米お父さんお母さんの参考になればと思います^^

第1位 生協の宅配サービス

f:id:shufumari:20161207091206j:plain

何と言っても生協さんにはお世話になりました(現在進行形)!とはいえ、利用し始めたのは生後6〜7か月の頃で、離乳食(素材を潰しただけで添加物等が入っていない状態のもの)も取り扱っているというのを聞いてからでした。地域によって差があるようですが私の地域は離乳食初期の素材がメインだったので、もっと早く利用していれば・・・と思いました。食にはこだわりたいけれど、楽をしたい。そんな私にはぴったりなサービスです。一度カタログだけでも出産前に取り寄せてみるといいかもしれません^^

第2位 授乳クッション

f:id:shufumari:20161207091339j:plain

これは本当に買っておけばよかった!!と思ったグッズでした。私の場合、飲ませるのも下手&飲むのが下手な息子だったのですが、病院では授乳クッションを借りていたのでそのことに気づかず・・・。自宅に帰ってからは「いつも使っているクッションで大丈夫だろう^^」と思っていたら・・・全然うまくいかずT_Tもう毎日泣いていました。でも「その時だけその時だけ」とケチってしまい、かなり精神的に参ってしまいました。すぐに買う必要はないですが、うまく授乳ができないと思ったら、一度買ってみる価値はあると思います。

第3位 哺乳瓶

f:id:shufumari:20161207091501j:plain

哺乳瓶は事前に購入していました。私の場合、非常に母乳の出が良かったので完全母乳だったのですが、生後1か月頃に急な発熱。乳腺炎でもなく、ただの風邪だったのですが服薬が必要だったため急遽ミルクを飲ませることに。そこで哺乳瓶に慣れてくれたため、外出時やちょっと夜寝たい時などに他の人へお願いすることができたので非常に助かりました。お母さんが元気であることが一番ですが、風邪をひくこともあれば、体質的にあまり出ない場合もあります。何よりリフレッシュする時間を持つためにもオススメのグッズです。

第4位 自分のリラックスグッズ

f:id:shufumari:20161207091743j:plain

授乳中は色々と制約があります、カフェインの量・ハーブティーが好きな人はハーブの種類・甘いものはダメなどなどとにかく制約が多い!!!

私はそれがストレスでした。特に甘いものが大好きだったため、洋菓子ではなく和菓子に変えたりいろいろ試しましたが、余計に食べたくなってしまい失敗。そのため、いろいろな飲み物を揃えて気を紛らわすことにしました(体にいい飲み物だったら多少衝動買いしていても夫も見ないふりをしてくれるのではないかと思って)笑 私がよく飲んでいたもののですが

ルイボスティー
黒豆茶
・たんぽぽコービー
・とうもろこし茶
ハーブティー(授乳中でも大丈夫なもの)

こんな感じでとにかくノンカフェインで授乳中でも大丈夫なものがあれば買い揃えていました^^それを子どもが眠った隙にゆっくり飲む。それが私のリラックス方法でした。他にもアロマ、運動いろいろリラックス方法はあると思いますが、自分なりの気分転換の方法・グッズを探しておくといいですよ。

第5位 ベビーベッド
5a002125fb2f276282406abe9d861e25_sこれはレンタルしておけばよかった!!と後悔したものです。出産前は「お布団で寝ればいいや〜」と思っていました。そう、寝るときはよかったんです。問題はおむつ替え。私は元々腰痛持ちだったため、床でオムツをかえるのが大変大変。結局、また腰を痛めてしまい、夫がいるときはオムツはお願いしていました。身長の高さによってはベビーベッドの方が腰が辛い、という方もいるかもしれませんが、私はあったらよかったなぁと思いました。

思い出して書いていたら長くなってしまいましたが、王道だけど必要だったなぁと改めて感じるグッズでした。逆に雑誌とかで紹介している便利グッズはそれ専用だったりして、最初だけ使ってあとはあまり使わない・・・ということもありました。

しばらくあるもので使ってみて、不便を感じたら取り入れてみるのもいいかもしれません^^