ママは双極性感情障害

双極性感情障害と付き合いながら生きるお母さんのブログ。

入院一歩手前で

http://peoples-free.com/highresolution/l_166.jpg

こんにちは、mariです。

私は入院一歩手前の状態で今の病院に来院しました。結果、治療が適正だったこともあり病状は良くなり、入院の話はなくなりました。

入院前の状態って一体どんな状態?と思う方もいると思うので、今日は私の場合、どうだったかを書いていこうと思います。

AD

 

とにかく精神不安定!家を飛び出す!!

家を飛び出したこと数知れず。この場合、今思うと躁状態でした。夫の帰りが遅くなると聞けばパニックを起こし、職場まで会いに行く、もしくは家出。ひどい時は片道3時間の道のりを息子を連れて走っていました。

それ以外にも出勤する夫に泣いて「行かないで」といったことも。

お姑さんから頂いたおもちゃが気に入らなくて(ちょっとトラブル中なもので)パニックを起こし、過呼吸になって動けなくなったことも。

うつで何もできず寝たきり。

かと思えば、何もできず「消えたい」「死ななきゃいけない」ということばかり考えていた時期もありました。うつ状態の時です。何があったわけではないのですが、とにかく体が鉛なのです。

挙げ句の果てに自分には存在価値がない、生きていてはいけない存在だと考え、自殺を図ることになります。

診察中も大号泣。死なないと約束できないという。

「死なないと約束できないなら入院」

医師に言われた言葉がこれでした。そのころは薬もまとめてもらえず2日分とかだったと思います。私が入院したら息子はどうなるの?乳児院に入らないといけないの?それだけは嫌です・・・と泣いて医師に相談した記憶があります。

診察で泣かなくなったのは2ヶ月経った頃でしょうか?その時には上記の約束さえ確認されなくなりました。

入院したほうがいいか?入院しないほうがいいか?

人それぞれだと思います。家庭の事情でどうしても子どものことがきになるなら通院治療でなんとか頑張ったほうがストレスが少ないかもしれません。逆に希死念慮が強い場合は即入院、家庭がストレスになっているのなら一度その環境から離れて治療に専念するのもありだと思います。

どちらにしても、自分にとってどれがベターか考えて治療を続けていきたいですね。