ママは双極性感情障害

双極性障害と付き合いながら起業するお母さんのブログ。

就活はじめました

https://www.pakutaso.com/assets_c/2015/08/0I9A858415070153yuka-thumb-1000xauto-18976.jpg

こんにちは、mariです。

先日の記事で報告いたしましたが、医師から就労可能との許可をいただけたので就活をはじめました。人生で4度目です。

今日は治療をしながらの就活ってどんな感じか書いていこうと思います。

AD

 

そもそもなぜ就労許可がでたのか?

私は5月から双極性障害の治療をはじめました。そのため、現在も落ち着いたと言えば落ち着いたけれど...という状況で、医師からしたらまだ数ヶ月は就職活動自体早い、という診断でした。

しかし、状況が変わったのです。夫が発達障害と診断されました。このことはまた詳しく書きたいと思いますが、前回休職した理由もおそらくそこにある。だとしたら、夫に収入源を頼りきっているのはやはり危ない。そう危機を感じたからです。

発達障害の方でも一生懸命仕事をされている方は大勢います。ですが、転職を繰り返すことも少なくないため、私はリスク管理の中に入れておきたかったのです。

思っていた以上に大変!就活の本音

治療が始まって以降、自宅でゆっくりしていなさいと言われていたのでほとんど運動していなかった私。その体力で履歴書作成・職務経歴書作成・ハローワーク来所・証明写真撮影etc...やらなければならないことはたくさん!!

薬を飲んでいれば気持ちは安定しているものの、やはり午前も午後も予定を入れてしまうと、次の日が十中八九ダウンします。そのため、私は余裕に余裕をもったスケジュールで行動するようにしています。

それでも私が働きたいと思う3つの理由

まずはじめに金銭的な余裕が欲しいから。我が家は決して裕福な家庭ではありません。ですが、私が病気で働けない・保育園に頼らないと子育てできないetc...家計をひっ迫する要因がありすぎて精神衛生上よろしくないのです。

そして2つめに夫の発達障害のこと。夫は一度体調不良を理由に転職しています。それが発達障害からくる二次的なものだとわかった今、私も働いて柱を2本にしておく必要があるのです。

最後に自分が家にいるのに飽きたから!!元々仕事人間な私が自宅療養を永遠に・・・というのは現実的ではありませんでした。家にいると帰ってストレスが溜まってしまうのです。

総括:早く働きたい

というわけで、総括すると早く働きたい。ただそれだけです。

現在書類選考中の企業があるので、それまでに勉強できるところはして、次応募できる準備はして、少しずつ合間時間を見つけてぼちぼち頑張っていこうと思います。